車の運転だけじゃない!タクシードライバーの仕事内容


乗客を目的地まで送り届ける

タクシードライバーの仕事内容はさまざまですが、最もウエイトの大きい業務はやはり乗客を目的地まで送り届けることです。安全な運転をすることはもちろん、乗客と適度にコミュニケーションをとり、快適に目的地まで乗車してもらうよう努める必要があります。なお、現在はグローバル化に伴い、日本国内でも外国人を見かけることは珍しくなくなり、外国人がタクシーを利用する場面も増えています。外国人とコミュニケーションをとるため、英語など多言語を使用するスキルがあれば、より仕事の幅を広げられるでしょう。

契約企業の重役のスケジュールを管理する

タクシードライバーは、道路を流して乗客を乗せたり、予約客を送迎したりする一般ドライバーのほか、契約企業の専属ドライバーとして業務にあたる場合もあります。専属ドライバーは企業の重役の外出時に運転するほか、重役のスケジュール管理など、秘書的な役割を担うこともあります。そのため、より幅広い知識・スキルや、洗練されたホスピタリティが求められます。

車で観光地を巡りながら観光案内をする

観光客向けに観光タクシーを運行しているタクシー会社も少なくありません。観光タクシーでは、お客様の希望に合わせ、タクシーで観光地を巡りながらドライバーが観光案内を行います。観光地にまつわる歴史やエピソードを踏まえつつ詳しく案内できる知識や、観光客の良い思い出として残るような丁寧な接客スキルが必要です。また、社内に専門のプランナーがいない場合は、タクシードライバーが観光コースを組み立てるため、プランニングの力も大切です。

ドライバーの求人は、ルート配送や個別配達など多岐にわたります。配達のニーズが拡大していることも理由です。