薬剤師になりたい!必要な資格にはどんなものがある?


薬剤師の免許は必須!

薬剤師として働きたいと考えた場合、まず必要不可欠な資格として挙げられるのが薬剤師の国家資格です。薬剤師は資格を持っていなければ仕事をすることができないため、薬剤師を目指す場合は国家試験の受験条件を満たさなければいけません。薬剤師の国家試験を受けるためには、大学の薬学部で6年間勉強することが条件となっています。これは働きながら通い続けることは難しいため、社会人が薬剤師を目指すのであれば仕事をやめて大学に入学する必要があります。

薬剤師として働くだけであればほかの資格は必要ない

このように薬剤師として働く場合は薬剤師の国家資格が必須となりますが、実はそれ以外には必須となる資格はありません。このため単純に薬剤師として働くのであれば、薬剤師の国家資格の取得を目指すだけで問題はないようです。また薬剤師として転職する際に有利となる資格もいくつかありますが、それらは薬剤師の資格を取得した後でも問題はないと考えられています。そのためまず薬剤師を目指すのであれば、ほかの資格を並行して取得するよりも薬剤師の国家資格の取得を最優先に考えることが大切です。

ステップアップしたい場合におすすめの資格

では薬剤師としてステップアップしたい、転職する際に有利になりたいと考えている場合にはどのような資格があるのかというと、おすすめだと言われているのが認定薬剤師や管理薬剤師です。どちらも薬剤師としての専門性に優れた存在として認められる資格となっており、幅広い活躍を見せることができます。もちろん薬剤師の資格を取得していることが前提条件なので、その点を踏まえて取得を検討してみるのもありです。

インターネットで「薬剤師」「シニア」「求人」として検索すると、シニア(60歳~)の薬剤師求人が見つかります。調剤業務、服薬指導など、経験者だからこそ対応できる業務として薬剤師のシニア求人が行われています。