外資系に転職したいならヒューマンスキルの知識を持つことが大切


ヒューマンスキル系の知識を磨こう

外資系への転職を目指しているのであれば、英語力以外にもヒューマンスキル系の知識が必要です。日本企業でも外資系企業でもどんなに仕事ができる人であってもヒューマンスキルがなければ人はついてきません。特に外資系企業は日本企業のように会社の内部を手取り足取り教えてくれるわけではないので、自分なりに組織のことを知っていく必要があります。
ヒューマンスキルで必要な知識とは、リーダーシップや組織論、企業文化への理解です。外資系企業はさまざまな国の人達が働いているので、個性の強いメンバーが揃っています。これらの個性が強いメンバーと同じ仕事をしていくためには、たとえリーダーでなくてもリーダーシップを発揮しなければならない場面に遭遇することが多いです。ただ指示を待っているだけでなく、率先して動ける人材になることが大切です。

ヒューマンスキル系の知識の種類とは?

外資系企業に転職した後になるべく早く出世したいのであれば、組織の中で自分はどのような役割をすればよいのかを正確に把握することがポイントになります。人事異動や研修などは、特定の組織論に基づいて実施されることが多いからです。企業文化をしっかり理解することも、外資系企業で働く場合に必要なスキルであるといえます。外資といっても、その会社がアメリカ企業なのか、フランス企業なのかによって状況は変わってくるからです。それぞれの企業文化をしっかり理解して、どのような価値観を持っているかを見抜くことが、転職を成功させる秘訣であるといえます。

外資 ITでは、プログラミングやプロジェクトマネジメント、セキュリティなど専門分野のスキルに長けた人材が活躍しています。