こんなにあるの!派遣運転手として働くメリット


短時間で稼ぐことができる

派遣運転手は、正社員として勤務するのと比べて勤務時間が短いのがメリットです。運転手は現在人手不足であるため、正社員として勤務する場合、一日13時間以上働くことが日常茶飯事です。その点、派遣運転手の場合、働いた時間に応じてお金を受け取るのが一般的です。つまり、なるべく経費を削減するために運送会社としてはあまり派遣社員を拘束したくはありません。したがって、派遣運転手の場合、一日8時間の勤務でお金を稼ぐことができるのが魅力です。

自分が希望する場所で働ける

昨今、運転手の仕事は人手不足に悩んでいる状態です。求人誌などで運転手の仕事を募集してもなかなか人が集まることがありません。そのため、多くの運送会社では、仕事に対処するために派遣会社に人を融通してもらっている状態です。つまり、派遣運転手として働き始めた場合、自分が希望する勤務地で働きやすいのがメリットです。自宅から通いやすい勤務地、お金が稼ぎやすい勤務地など自由に選べるのがおすすめポイントといえます。

煩わしい人間関係がない

派遣の運転手は、長期間、同じところで働き続けることがないのもメリットです。一般的に正社員の方が労働時間に融通が効くので、派遣は人手が足りない時に募集されることが多いからです。そのため、正社員だけで業務に対処できるようになれば派遣の契約が終わるケースがほとんどといえます。運転手は法律で2ヶ月以上の雇用を約束しなくてはならないと定められているので、短ければ2ヶ月程度で契約が終わります。したがって、人間関係でそれほど苦労したくない人にぴったりの職場です。

運転手の派遣は、各地のタクシー会社を中心に事業が行われており、ビジネスや観光など様々な用途に利用できます。