稼ぎたいなら外資系!外資系企業のメリットデメリットを知ろう


外資系転職のメリット

外資系企業へ転職するメリットはやはり給料が大幅に上がる可能性がある点と言えます。日本の企業は基本的に年功序列制です。徐々に実力主義の企業も増えてきていますが、それでも年功序列制が残っていて完全に実力主義の企業はかなり限られています。それに対して外資系企業は完全に実力主義です。そのため、勤務年数や年齢に関係なく、仕事で結果を出すことができたら給料が上がっていきます。

人によっては20代のちに年収1,000万円を超える人もおり、早くかせげるようになりたいと思っている人に向いている企業と言えるでしょう。また、外資系企業は年功序列制が無いために年齢に関係なく対等です。あまり上司が部下の面倒を見るシステムが無いため、自分のペースで仕事に取り組みたい人は外資系の方が働きやすいでしょう。

外資系転職のデメリット

外資系企業のデメリットは完全に実力主義であるために、周りに追いつけないとすぐに年収・ポジションが下がってしまう点です。外資系企業は人気が高いことから優秀な人が集まっています。日本だと年功序列なので部下に抜かれることは余程のことが無い限りありませんが、外資系だと仕事ができる人はすぐに上の立場を任され、できない人は部下にすぐに抜かれてしまいます。任される仕事の内容も難易度が高く、仕事を片付けるのに時間がかかってしまい、残業も多いです。残業続きで休みが無いということも多く、給料が高い分仕事が体力的にハードということを理解しておく必要があるでしょう。

外資系求人は、製薬やメーカー、ITなど様々な業種の企業が募集しており、実務経験が長い人や特殊なスキルを持つ人を対象としたものが目立ちます。